やる気のある人ない人

やる気のある人ない人

「君! ちゃんと話を聞いているのか!」と、先日の会議で上司が1人の部下に対して怒鳴り散らしました。怒鳴られている部下は、いつも会議でぼーっとしていて発言もしない人でした。それを上司も知っていましたから、とうとう怒り爆発してしまったのです。

溜まっていた怒りは相当なものだったらしく、会議はストップ。上司と部下は会議室を後にして別室でお説教となりました。

ぼーっとしていた部下は悪いです。ですが、その部下をまとめる上司が感情のままに怒り狂い仕事(会議)を蔑ろにしてしまったのは、もっとどうなのかと私も残されたほかの人も感じていました。会議が終わってから、お説教してもらいたかったです。

確かに仕事意欲が感じられない彼には、私だって前々から気がついていました。ですが、指摘しようともなんとも思いませんでした。意欲が無い人に怒ったって何も改善しないのは分かっていたからです。

あまり考えたくは無いことですが、どうしても職場にはやる気がある人とやる気がない人どっちもいますよ。小さな会社であればいないかもしれませんが、大きな会社となると、絶対いますよ。なのでいちいちそういう人たちにつんけんしていてもしょうがないのです。

怒るというのは愛情の裏返しのようなものです。なので愛情を与えるに足らない人に対して怒らないのは当然なのです。逆に愛情がある人には、私は怒ります。怒るというよりもアドバイス、指摘ですね。がんばってもらいたい、成功してもらいたいという気持ちがありますから。

私がそういう考えをするようになったのは、ある新人を教育していた時です。何度言っても改善しない、成長しない。全く困ったものでした。はじめはがんばって成長させようと思っていましたが、何度も同じことで怒っていると馬鹿馬鹿しくなってくるんです。それで「やる気無いなら辞めた方がいいよ」と素っ気無い言葉を新人にかけて、深く接するのはやめました。結局その新人は3ヶ月で辞めていきました。

やる気のない大人を成長させるなんて無茶な話なんですよ。子どもみたいに無垢で純粋な大人でもない限り、それまで培われた固い頭は変わらないんですから。

やる気のある人はがんばって応援し、そうでは無い方はかまわない。かなり冷たい方法かもしれませんが、それくらいしないと接する側も参っちゃいますから。

脱毛 へそ下脱毛 背中

羊羹をちょっとリメイク

おやつの時間にきんつばを出したところ、思いがけず大好評!きんつばが我が家で登場することは滅多にないので「昔よく食べた」「懐かしい」と言って、特に年配の人に喜んでもらえました(^^ゞ

私は思わず自信満々で「手作りしたんだよ!私が自分で作ったんだよ!」とアピール(笑)「いつの間にこんな美味しい和菓子を作れるようになったの?」と言われ、喜んでいいものか悲しんだ方がよいのか複雑な気分。褒められているの?けなされているの?そんなに、今まで私が作ってきた和菓子は美味しくなかった?(笑)

難しいことを考えるのは苦手なので、素直に褒め言葉として受け止め、喜んでおくことにします♪私の気持ちが複雑な理由、実は他にもあったり…。みんなに大好評を得たきんつばが、私の手作りだということは嘘じゃありません。きんつばは、確かに私が作ったものです。ただ、その中身が私の手がけたものじゃないだけで…。

数日前の羊羹が残っていたので、それを使わせてもらったんです(^^; 私はそれに衣をつけて焼いただけ。中身は自分で作ったものじゃないけれど、衣を作ったのもそれを羊羹につけて焼いたのも私がしたこと。これは立派な手作りですよね?(笑)きんつばは中の餡子が決め手だけど、周りの衣だって重要な存在です。

もしも食べ切れなくて余っている羊羹があれば、私のように手作りきんつばにしてみては?今回は400g分の羊羹で作ったので、その分量をご紹介しますね。

まず、400g分の羊羹を食べやすい厚さに切ります。大きさに決まりはありませんが、少し小さめに切ると食べやすいですよ。

ボウルに5gの白玉粉を入れ、白玉粉の粒を指先でつぶすように混ぜながら、40ccの水を少しずつ加えます。ダマになりやすいので、気をつけてください。くれぐれも水は一度に加えないように…。

別のボウルに25gの薄力粉と小さじ2のグラニュー糖を入れてよく混ぜます。そこに水で溶いた白玉粉を少しずつ加え、滑らかになるまでよく混ぜます。

食べやすく切った羊羹の全面に、衣を薄めにつけます。ホットプレートを180度で温めて薄く油をひき、衣をつけた羊羹を一面ずつさっと焼いて完成。焼きすぎると焦げてしまうし、羊羹が溶け出してしまいます。さっと焼くだけで済むように、衣は薄めにつけるのがポイントです(^^)おやつの時間にきんつばを出したところ、思いがけず大好評!きんつばが我が家で登場することは滅多にないので「昔よく食べた」「懐かしい」と言って、特に年配の人に喜んでもらえました(^^ゞ

私は思わず自信満々で「手作りしたんだよ!私が自分で作ったんだよ!」とアピール(笑)「いつの間にこんな美味しい和菓子を作れるようになったの?」と言われ、喜んでいいものか悲しんだ方がよいのか複雑な気分。褒められているの?けなされているの?そんなに、今まで私が作ってきた和菓子は美味しくなかった?(笑)

難しいことを考えるのは苦手なので、素直に褒め言葉として受け止め、喜んでおくことにします♪私の気持ちが複雑な理由、実は他にもあったり…。みんなに大好評を得たきんつばが、私の手作りだということは嘘じゃありません。きんつばは、確かに私が作ったものです。ただ、その中身が私の手がけたものじゃないだけで…。

数日前の羊羹が残っていたので、それを使わせてもらったんです(^^; 私はそれに衣をつけて焼いただけ。中身は自分で作ったものじゃないけれど、衣を作ったのもそれを羊羹につけて焼いたのも私がしたこと。これは立派な手作りですよね?(笑)きんつばは中の餡子が決め手だけど、周りの衣だって重要な存在です。

もしも食べ切れなくて余っている羊羹があれば、私のように手作りきんつばにしてみては?今回は400g分の羊羹で作ったので、その分量をご紹介しますね。

まず、400g分の羊羹を食べやすい厚さに切ります。大きさに決まりはありませんが、少し小さめに切ると食べやすいですよ。

ボウルに5gの白玉粉を入れ、白玉粉の粒を指先でつぶすように混ぜながら、40ccの水を少しずつ加えます。ダマになりやすいので、気をつけてください。くれぐれも水は一度に加えないように…。

別のボウルに25gの薄力粉と小さじ2のグラニュー糖を入れてよく混ぜます。そこに水で溶いた白玉粉を少しずつ加え、滑らかになるまでよく混ぜます。

食べやすく切った羊羹の全面に、衣を薄めにつけます。ホットプレートを180度で温めて薄く油をひき、衣をつけた羊羹を一面ずつさっと焼いて完成。焼きすぎると焦げてしまうし、羊羹が溶け出してしまいます。さっと焼くだけで済むように、衣は薄めにつけるのがポイントです(^^)おやつの時間にきんつばを出したところ、思いがけず大好評!きんつばが我が家で登場することは滅多にないので「昔よく食べた」「懐かしい」と言って、特に年配の人に喜んでもらえました(^^ゞ

私は思わず自信満々で「手作りしたんだよ!私が自分で作ったんだよ!」とアピール(笑)「いつの間にこんな美味しい和菓子を作れるようになったの?」と言われ、喜んでいいものか悲しんだ方がよいのか複雑な気分。褒められているの?けなされているの?そんなに、今まで私が作ってきた和菓子は美味しくなかった?(笑)

難しいことを考えるのは苦手なので、素直に褒め言葉として受け止め、喜んでおくことにします♪私の気持ちが複雑な理由、実は他にもあったり…。みんなに大好評を得たきんつばが、私の手作りだということは嘘じゃありません。きんつばは、確かに私が作ったものです。ただ、その中身が私の手がけたものじゃないだけで…。

数日前の羊羹が残っていたので、それを使わせてもらったんです(^^; 私はそれに衣をつけて焼いただけ。中身は自分で作ったものじゃないけれど、衣を作ったのもそれを羊羹につけて焼いたのも私がしたこと。これは立派な手作りですよね?(笑)きんつばは中の餡子が決め手だけど、周りの衣だって重要な存在です。

もしも食べ切れなくて余っている羊羹があれば、私のように手作りきんつばにしてみては?今回は400g分の羊羹で作ったので、その分量をご紹介しますね。

まず、400g分の羊羹を食べやすい厚さに切ります。大きさに決まりはありませんが、少し小さめに切ると食べやすいですよ。

ボウルに5gの白玉粉を入れ、白玉粉の粒を指先でつぶすように混ぜながら、40ccの水を少しずつ加えます。ダマになりやすいので、気をつけてください。くれぐれも水は一度に加えないように…。

別のボウルに25gの薄力粉と小さじ2のグラニュー糖を入れてよく混ぜます。そこに水で溶いた白玉粉を少しずつ加え、滑らかになるまでよく混ぜます。

食べやすく切った羊羹の全面に、衣を薄めにつけます。ホットプレートを180度で温めて薄く油をひき、衣をつけた羊羹を一面ずつさっと焼いて完成。焼きすぎると焦げてしまうし、羊羹が溶け出してしまいます。さっと焼くだけで済むように、衣は薄めにつけるのがポイントです(^^)おやつの時間にきんつばを出したところ、思いがけず大好評!きんつばが我が家で登場することは滅多にないので「昔よく食べた」「懐かしい」と言って、特に年配の人に喜んでもらえました(^^ゞ

私は思わず自信満々で「手作りしたんだよ!私が自分で作ったんだよ!」とアピール(笑)「いつの間にこんな美味しい和菓子を作れるようになったの?」と言われ、喜んでいいものか悲しんだ方がよいのか複雑な気分。褒められているの?けなされているの?そんなに、今まで私が作ってきた和菓子は美味しくなかった?(笑)

難しいことを考えるのは苦手なので、素直に褒め言葉として受け止め、喜んでおくことにします♪私の気持ちが複雑な理由、実は他にもあったり…。みんなに大好評を得たきんつばが、私の手作りだということは嘘じゃありません。きんつばは、確かに私が作ったものです。ただ、その中身が私の手がけたものじゃないだけで…。

数日前の羊羹が残っていたので、それを使わせてもらったんです(^^; 私はそれに衣をつけて焼いただけ。中身は自分で作ったものじゃないけれど、衣を作ったのもそれを羊羹につけて焼いたのも私がしたこと。これは立派な手作りですよね?(笑)きんつばは中の餡子が決め手だけど、周りの衣だって重要な存在です。

もしも食べ切れなくて余っている羊羹があれば、私のように手作りきんつばにしてみては?今回は400g分の羊羹で作ったので、その分量をご紹介しますね。

まず、400g分の羊羹を食べやすい厚さに切ります。大きさに決まりはありませんが、少し小さめに切ると食べやすいですよ。

ボウルに5gの白玉粉を入れ、白玉粉の粒を指先でつぶすように混ぜながら、40ccの水を少しずつ加えます。ダマになりやすいので、気をつけてください。くれぐれも水は一度に加えないように…。

別のボウルに25gの薄力粉と小さじ2のグラニュー糖を入れてよく混ぜます。そこに水で溶いた白玉粉を少しずつ加え、滑らかになるまでよく混ぜます。

食べやすく切った羊羹の全面に、衣を薄めにつけます。ホットプレートを180度で温めて薄く油をひき、衣をつけた羊羹を一面ずつさっと焼いて完成。焼きすぎると焦げてしまうし、羊羹が溶け出してしまいます。さっと焼くだけで済むように、衣は薄めにつけるのがポイントです(^^)

フォレスタージューク