同僚に預けた猫

同僚に預けた猫

妻と1泊2日の温泉旅行に行ってきました。栃木県の自然豊かな山の中でのんびりとリフレッシュしてきました。

温泉旅行を決めたのは出かける2日前でした。当初2人とも個別の予定があったのですが、どちらもキャンセルとなってしまい、土日が丸々暇となってしまいました。なので私が冗談交じりに「温泉でも行ってこようか?」と言ったところ妻が乗り気で、そのまま旅行となったのです。

旅行に行くとしても、問題が1つありました。ペットの猫です。半日ほど留守にするくらいならまだしも、2日近く家に一人ぼっちでお留守番させるのは不安が大きいです。ご飯は出しておけば問題ないでしょうが、家の中をあらされてしまうかもしれませんから。

以前1日お留守番してもらった時は、ドアとカーテンを爪でガリガリと引っかいてしまっていました。部屋から出たかったのでしょう。

いつもは実家に預けるのですが、今回はあいにくどちらの実家も都合が悪く預けることはできませんでした。

私は職場の同僚に、週末猫を預かってもらえないかと相談しました。すると「全然いいですよ~」との答え。仕事終わりの金曜日に同僚を家に招き、猫を引取ってもらいました。

うちの猫はとても大人しいので、特別悪さはしないとは思っていましたが、少々不安ではありました。何かあるといけないので「カゴから出さなくていいから」とは言っておきましたが、はたして。預けた同僚には子どもが2人いるので、猫と遊ばせたがるんじゃないかなというのがあったのです。

土曜日の夕方、温泉宿に到着した時に同僚宅に電話して猫が悪さをしていないか確認しました。すると、「大丈夫ですよ~ カゴから出して子どもとかみさんと元気に遊んでますよ!」とのことでした。やはりカゴから出してしまっていたようでした。でもとりあえず悪さはしていないようなので何よりでした。

電話をかけるまでは猫が心配の種でしたが、それからはゆっくりと楽しむことができました。熱い温泉に浸かり、美味しい山菜料理を食べ、ぐっすりと眠れました。

日曜日の夕方、同僚宅にお土産を届け、猫を引きと取りました。猫はいつもの顔が見れたことが嬉しかったのか、ニャーニャーと始終鳴きっぱなしでした。

ちょっと辛かったのが、同僚のお子さんが悲しそうにしていたことです。たくさん可愛がってくれたらしく、別れが辛かったのでしょう。「今度おうちに遊びに来たら可愛がってあげてね」くらいしか、私には言えませんでした。

ケノン脱毛器脱毛器

いろいろ限られたきんつば

もともと金つばはそれほど好きな方じゃありません。頂けるなら喜んで頂戴しますが、数多く並んだ和菓子の中から自分で金つばを選ぶことはないですね(^^; いつもは自分から食べたいと思うことはない金つば。それが、自分から食べてみたいと思わせる金つばを見つけました。本高砂屋が作る「高砂きんつば」です。

私が食べてみたいと強く思うのは、店頭で焼かれながら売られている焼きたての高砂きんつば。今まできんつばを食べたことはあっても、焼きたての美味しさは一度も味わったことがありません。

高砂きんつばは、ひとつひとつ職人によって手焼きされているようで、その姿を実際に見ることができるお店があるんです。ぜひ私も足を運んでみたいところですが、高砂きんつばの実演販売が行われているお店は横浜(横浜そごう店)と大阪(三番街店)に一件、神戸に三件(神戸そごう店、神戸大丸店、元町本店)。

どの店舗からも遠く離れた地に住む私には、そう簡単に足を運べないのが残念です(;_:)高砂きんつばの実演販売を実際に見られるのは、近くに住む人や訪れた人限定ですね。

本高砂屋では高砂きんつばの他に、桜きんつば・抹茶きんつば・栗入りきんつばも作っているようです。こちらは季節限定。本高砂屋のきんつばには、限定が多い(笑)

桜きんつばは、2月から3月末までの春限定となっています。塩漬けされた桜葉で包まれたつぶ餡を食べれば、口いっぱいに春が広がりそうです(^^)ほんのりピンク色の見た目も春を感じさせますね。

抹茶きんつばは、つぶ餡の中に抹茶入り。抹茶とつぶ餡の相性に間違いはありません。こちらは4月1日から5月末までとなっています。緑鮮やかな抹茶きんつばは、新緑の季節らしいです(^^)砕かれた栗をつぶ餡と一緒に楽しめるのは、栗入りきんつば。栗入りとは、秋ならではの贅沢ですね。

お値段は季節問わずに売られている高砂きんつばが158円で、桜きんつばと抹茶きんつばが179円、栗入りきんつばが189円。栗入りは他と比べるとちょっとお高めですが、その分リッチな美味しさを味わえそうです♪

また、本高砂屋ではサツマイモ餡を包んだ「高砂ぎんつば」もあります。こちらは、高砂きんつばと同じく158円で購入できます(^^)

オーリス